自然豊かな天然住宅の魅力「ぬくもり溢れる住まい」

積み木
  1. ホーム
  2. 住宅と気密性の高さ

住宅と気密性の高さ

一戸建て

一戸建て住宅を建設する場合には、様々な要素を検討しながら建設することになるが、その1つとしてあるのが気密性の高さである。近年では、高気密住宅への人気が高くなってきている。高気密住宅では、気密性が高いことで、エアコンによる暖気や冷気が外に漏れにくくなり、室内の温度を保ちやすくすることができる。また、外部からの騒音や室内からの音漏れを防止できるなどのメリットもある。これらの高気密住宅を建設する場合には、断熱材の選択が重要ということがある。高気密住宅では、断熱材にどのような素材を使用するかで住宅の気密性が大きく変わってくる。その為、これらの住宅の建設や購入を検討する場合には、どのような素材が使われているかの確認が需要となる。

高気密住宅が人気の理由にはまず、室内温度の調整がしやすいということがある。最近では、多くの住宅でエアコンを使用しており、エアコン使用で室温の管理を行うことが一般的になっている。その際、気密性が低い住宅では、エアコンを効かせても外気と混ざり合うことで、室内の温度を一定に保ちにくくなる。その際、高気密住宅では室温を保ちやすくなり、エアコンの効きも良くなるため、電気代の削減にもつなげられる。また、遮音性の高さもある。気密性が高いことで、外からの音を軽減することや、室内の音漏れの防止ができる。特に線路沿いや幹線道路に面した場所、駅前などでは騒音が高い傾向があるが、高気密住宅であればこれらを軽減できる。